打ち方一覧

NO IMAGE

リバースカットの打ち方【2023年度版】

リバースカットは、初心者同士の試合で使うことができると相手の脅威になります。一発で得点をとったり相手の体勢をくずしてラリーを有利にできるため。そのため初心者が使うには少し難易度が高くなる。 しかし、ステップごとに練習していけば初心者でも打てるようになります。私が教えている未経験者の学生も順番を間違...

NO IMAGE

サイドストロークの打ち方と上手くなる4つのポイント!

サイドストロークとは、自分の体の側面で打つショットです。サイドストロークは攻撃的でも守備的でもない中間のストロークなので、これからのラリーを優勢に運べるかどうかの重要な局面で打ちます。 このストロークをマスターしないとラリーが不利になり勝てません。そして中級者以上には上達できません。 初心者同士...

バドミントンのカットの打ち方!効果的な3つのポイント!

バドミントンのカットとは、相手の意表をつき、体勢を崩すショットです。打ち方をマスターして、精度が高まれば、一発で得点も期待できます。 初心者のカットの狙いは、相手体勢を崩す。その結果、スマッシュで得点をきめたり、自分が有利なラリー展開に持ち込めます。 ただし、間違ったカットの使い方をすれば、逆に...

NO IMAGE

バドミントンのヘアピンの打ち方!見逃せないコツや練習方法も

バドミントンのヘアピンの打ち方を解説します(ヘアピンとは)ヘアピンはスマッシュなど攻撃的なショットに比べて地味な印象があると思います。 しかし、試合中にラリーを続ける中でヘアピンが打てると、対戦相手にロブを上げてもらえ、自分が楽な試合展開に持ち込めます。 そして、良いコースに打てればヘアピンだけ...

NO IMAGE

【バドミントン】ロブの打ち方!初心者はまずこれから覚えろ

バドミントンのロブ(ロビングは)非常に重要なショットです。ロブが打てないと安定して勝てない、大雑把な選手になってしまいます。 ロブの打ち方を説明するので、しっかり覚えて練習してください。スマッシュなどの派手でカッコ良いショットに隠れがちな「ロブ」ですが、 ロンドンオリンピック女子ダブルス銀メダリ...

NO IMAGE

アンダーハンドストロークの打ち方3ステップ

アンダーハンドストロークの打ち方を初心者がマスターすれば、失点を防ぐことができる。 アンダーハンドストロークは自分の腰から下のシャトルを取るショット。ロブショットやレシーブで使います。 具体的には、相手がスマッシュを打ってきた時のスマッシュレシーブや、ネット前にカットやドロップを落としてきた時に...

NO IMAGE

バドミントンのオーバーヘッドストロークの打ち方と練習方法

バドミントンのオーバーヘッドストロークとは、自分の頭よりも高い打点で打つショット。攻撃的なショットで、初心者が最初にまず覚えたいストロークです。 野球で例えると、ピッチャーが投げるフォームに似ています。初心者はラケットを腕の力だけで振りがちになります。 下半身をしっかりと使い、腰の回転から上半身...

バドミントンのクリアが飛ばないならコレで飛ばせ

バドミントンのクリアが飛ばない!初心者が一番最初に当たる壁ですね。一生懸命ラケットを振るのですが、なぜか飛ばない。しかし中上級は軽々とコート奥までシャトルを飛ばします。 女性だと2~3年たって経験をつんでも、まだ奥まで飛ばない人をたくさんみかけます。クリアが飛ばないと、やはり試合で勝つのが難しくな...

プッシュの打ち方を解説!ミスを防ぎ、浮かないようにするには

バドミントンで一番決まりやすく、エースの確率が高いショットであるプッシュの打ち方をマスターすると、「バシッッッ!!」と相手コートに気持ちよく決められます。 プッシュは相手のネット前に浮いてきた球を決めるショット。バドミントンの中で一番決定力が高いのです。(スマッシュよりも決定力がある) プッシュ...

ショートサーブのコツと打ち方!安定させるならコレをやれ【ダブルス編】

バドミントンのショートサーブ(ショートサービス)はとても重要なショットです。 なぜならバドミントンは得点を取るとサーブ(サービス)を必ず打つ。サーブが入らないと、せっかく苦労して得点してもすぐに追いつかれてしまうから。 でもそんな大事なショートサーブが苦手な初心者が多いです。先日も初心者同士の試...

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告