バドミントンに筋トレは不要?実際どうすればよいの?

 バドミントンにおいて、筋トレ(筋力トレーニング)を行うことは、賛否両論あります。たとえば、 「体が重くなって動きが遅くなる」 「しなやかさがなくなってヘタになる」 など弊害について言われています。やった方がよいのか?ダメなのかどっちでしょう? 筋トレはやってください!その理由は ...

NO IMAGE

サーブを打つ時の緊張を克服したい人は必見!

誰にも邪魔されず、唯一打てるショットがサーブです。しかし、サーブを打とうとするとなぜか、体が動かなくなりミスをしてしまう。打ちだす時に、少し考える時間があるので、余分なことを考えてしまいます。 「ネットに引っかけたらどうしよう」 「アウトにしてしまうのではないか」 「プッシュやス...

サーブレシーブでどちらの足を出せばよいか迷っている人へ

サーブ(サービス)レシーブをするときに、どちらの足を前に出しているでしょうか? 出す足を間違えると、シャトルにラケットが届きません。これでは相手コートに返球できなくなります。 ラケットに当たったとしても先っぽで打つと、相手にとって甘い球が返ってしまい、 スマッシュやプッ...

NO IMAGE

サーブとレシーブはどちらが有利なのか?

バドミントンのダブルスにおいて、サーブする側かレシーブする側どちらが有利なのか考えていきたいと思います。 結論から言えば、初心者の場合レシーブする側が有利です。  初心者の場合は、サーブの練習をする機会が圧倒的に少ないです。 サークルなどに練習に行ったとき、サーブの練習をしている人...

NO IMAGE

ダブルス、サーブレシーブの正しい構え方

ダブルスでの、正しいサーブレシーブの構え方を説明します。 正しい構えができていないと、反応が遅れ強打ができません。 また狙ったコースに打ちづらくなるのです。 よく初心者で棒立ち状態で対戦相手のサーブを待ち、打ったと同時に急いでラケットを上げているのを見かけます。 時間...

NO IMAGE

試合を観戦するときのマナー、やってはいけないことは5つです。

最近ブームになりつつあるのがバドミントンです。 昔からマイナーな競技として存在してきた印象ですが、オグシオなどの影響で、競技人口もかなり増えてきています。 私の友達も興味がでてきたようで、 「実業団の大きな大会を、いちど生で見に行きたい」 と言っていました。 ...

NO IMAGE

応援するときのマナーを書きました。

地域の大会や市民大会などで、同じチームメイトや友達をコートの近くで応援したいですよね。 体育館の観客席で声を出すよりも、となりで応援すると、選手の力になります。 しかしながら、選手や審判に近いため、気をつける応援マナーが多々あります。 応援するつもりでも、マナー違反をしてしまうと審...

ラケット折れる原因と、使用期間はどのくらい?

バドミントンの競技用ラケットは1万円以上と高額です。 私も初めて聞いたとき「え~そんなにするの?」とびっくりした記憶があります。 それが一瞬で壊れることもあります。私はラケット買って2か月目の時に折れたことがあります。。2万円したので、1ヶ月あたりに計算するとで1万円か・・・と涙したものです。 ...

NO IMAGE

試合(大会)のマナー、5つのポイントを説明します。

「大会での試合」は、「サークルなどでの練習の試合」とは違い、気をつけるべきマナーが増えます。 マナーが悪すぎるとフォルト(相手に 得点が与えられる)をとられる行為もありますので、注意が必要です。 対戦相手や審判に不快な思いをさせない、そして気持ちよくプレーするために、覚えておくべ...

NO IMAGE

初の大会(試合)で、準備する持ち物をまとめました。

初めてのバドミントンの大会(試合)でなにを持っていったらいいか迷いますよね。普段、私が準備する持ち物を書いていきます。 社会人の場合、「地方大会」や「市民大会」は、4試合くらいはできるように、主催者が調整してくれることが多いです。だから4試合分が間に合うように準備するのが基本。 ちなみにトーナメ...