NO IMAGE

マナーが悪いと言われない為の、注意すべき行動とは?(基本編)

バドミントンでは練習や試合をするときに、暗黙の了解のようなルールがあります。 地域や各サークルで多少の違いはありますが、守らないと「マナーがなっていない」など言われてしまいます。 マナーなので、守らないと罰則があるがあるわけではありません。 でもお互いに気持ちよくゲームをするために...

NO IMAGE

おすすめの準備運動を紹介します。

いきなりスマッシュを打ったら肩が痛くなった・・・ 急に動き出したら足が肉離れ・・・ 楽しいバドミントン、ケガはできるだけ避けたいものです。準備運動を行って、しっかり予防していきましょう。 しかしながら、いつも入念に準備できればいいですが、毎回時間があるとは限りません。なので、おすすめの準備運動...

NO IMAGE

初めての格好はどうする?初練習に参加するときの準備物とは

「今夜、友達に誘われてバドミントンに行くんだ~」と言っていた同級生。ダイエットのための運動に良いとでも聞いたのか?理由はわからないがやってみたいのだそう。 「ところで何を持って行ったらいいの・・・」そうだよね、わからないよね。「恰好はコレで、あとアレも必ず持って行って」と伝えました。 公園で羽根...

NO IMAGE

試合前日にやるべき練習と、必ず守ってほしい注意点

試合を明日に控え、どのような練習をしたらよいのかわからない・・・そんな人に何をしたらいいのかを説明します。真面目な人ほど気持ちが焦っていろいろ考え込んでしまいます。 特に絶対に勝ちたいと思っている試合だと、気合が入っているのでたくさんのことを前日に行おうとしてしまいます。 大切なことはいつもの練...

NO IMAGE

試合の前日にやっておくべきこと、自分の実力を発揮するために

試合前日に何をすればよいか悩んでいませんか?まかさハードな練習をやったりしていませんよね?前日はいままで練習してきたことを試合で出すために調整するだけ、と捉えてください。 ハードな練習は試合3日前までにやっておく。残りの3日間はコンディションを整えた方が試合当日のパフォーマンスが上がります。何かを...

NO IMAGE

音が違う!経験者のような打球音をだすために必要な要素とは

初めて競技のバドミントンを見て驚いたのは、スマッシュのスピードと、そのときに出る「音」でした。「パーン」「スパーン」「カーン」といったカン高い打球音です。 しかし、自分でこの音を出そうと思っても全然出ない。上級者のラケットを見ると高そうな最新モデルを持っているので同じラケットを買ったがやはり音が違...

NO IMAGE

サーブでフォルトにならない高さとは

サーブを打つときに、10年ほど前は腰より高い位置で打つとフォルトを取られました。 しかし日本リーグなどトップ選手の試合映像をみると明らかに腰より上で打っています。 どの位置で打つとフォルトになるのか、 逆にどの位置だとフォルトにならないのか、 境界線はどこなのかを書いていきますね...

NO IMAGE

ショートサーブを確実に安定させるコツを伝授

安定してサーブを打つためのコツを説明します。 ショートサーブが入らないと試合で勝つことが難しくなります。 サーブをミスするといきなり相手に1点入るし、ダブルスだとパートナーとの雰囲気も悪くなる。 連続でサーブミスしてしまうと、その後のサーブを考えただけでイヤになってしまいます。 ...

NO IMAGE

ロングサーブの打ち方とコツ バックハンド編

ダブルスでよく使用されるのがバックハンドでサーブを打つ、打ち方です。 しかし初心者は相手のコート奥までシャトルを飛ばすことが難しいのです。 バックハンドはなかなか力が入りづらいですので・・・ しかし、ポイントを押さえるとしっかり奥まで飛ばせるようになります。 ポイントとしては...

NO IMAGE

遅延行為に当てはまることは?

バドミントンで遅延行為とはどのような行いなのかをお伝えします。 競技規則によると、「プレーヤーはどんなことがあっても、体力や息切れを回復できるように、またはアドバイスを受けるためにプレーを遅らせてはいけない」とあります。それでは、 具体的な行為について 罰則について 意外な遅延行為...